地海戰記插曲-テルーの唄 (瑟魯之歌)

唄:手島葵

夕闇迫 ( ゆうやみせま )る雲の上 
天色漸黑的雲朵上

いつも一羽で飛んでいる
總是孤獨飛翔的老鷹

鷹 ( たか )はきっと悲しかろう
那老鷹一定很悲傷吧

音も途絕 ( とだ )えた風の中 空を摑んだその翼
無聲的風中 抓住天空的那雙翅膀

休めることはできなくて
無法得到片刻歇息

心を何にたとえよう  鷹のようなこの心
倘若將心做個比喻 有如老鷹般的這顆心

心を何にたとえよう  空をまうよな悲しさを
倘若將心做個比喻 有如空中飛舞的悲傷

雨のそぼ降る巖陰 (いわかげ )に
大雨下著的石頭陰影下

いつも小さく笑いている
總是小小的綻放著

花はきっと切なかろう
花兒也一定很傷心吧

色も霞んだ雨の中
將所有顏色模糊的雨中

薄桃色 ( うすももいろ )の花びらを愛 ( め )でてくれる手もなくて
無法愛惜著淺桃色的花瓣

心を何にたとえよう  花のようなこの心
倘若將心做個比喻 有如花兒的這顆心

心を何にたとえよう  雨に打たれる切なさを
倘若將心做個比喻 有如被雨水打的悲傷
 
人影耐 ( ひとかげた )えた野の道を
在沒有人煙的原野道路

私とともに步んでる
和我一同漫步的你

あなたもきっと寂しかろう
一定也很寂寞吧

蟲の囁く草原草原 ( くさはら)を  ともに道行く人だけど
雖然在蟲鳴的草原上結伴同行

絕えて物言うこともなく
卻也不發一語

心を何にたとえよう  一人道行くこの心
倘若將心做個比喻 有如獨自旅行的這顆心

心を何にたとえよう  一人ぼっちの寂しさを
倘若將心做個比喻 有如孤單一人的寂寞

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / 更改 )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / 更改 )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / 更改 )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / 更改 )

Connecting to %s